薄毛治療

料金案内

AGA
ミノキシジル5%(ローションタイプ)
1個 ¥4,500
フィナステリド1㎎
28日分 ¥3,700~
5ヶ月分 ¥18,500~
フィナステリド1㎎+5%ミノキシジルローションセット
28日分 ¥7,200
¥8,000(再診)
AGA メディカルドクターズセレクト モニター
30日分 ¥19,800
AGA メディカルドクターズセレクト
30日分 ¥29,800

日本皮膚科学会の薄毛治療ガイドラインでAクラスの最高評価の薬剤はフィナステリド製剤とミノキシジルです。学会では2剤の併用療法を推奨しています。

薄毛治療

頭部の生え際の後退、雨だれが妙に気になる、シャンプー後の抜け毛が細い。男性であれば心当たりがあると思います。以前であればカツラか開き直るくらいしか対処が出来なかったのですが、現在の日本では男性型脱毛症(AGA)という病気と認知がされています。男性型脱毛症(AGA)には以下の3点の定義があります。

  • 思春期以降に進行していく症状
  • 男性の前頭部、頭頂部の毛髪が薄くなり脱毛が進行する症状
  • 硬毛が軟毛化する症状

これらの定義にすべて当てはまると確実にAGAであると言えます。AGAことAndrogenetic Alopecia(男性型脱毛症)は一般的に遺伝(母方の祖父が薄毛の場合は遺伝する可能性が高くなります)、血流の悪化、生活習慣病、男性ホルモンの影響だと考えられています。

AGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)の作用によって引き起こされます。男性ホルモンは思春期の男性器の発達に重要であり、毛髪の生長と性欲に重要な働きを担っています。

頭髪にはヘアサイクルがあり、通常2~6年で髪の毛は生え変わります。AGAの方はDHTの作用によって、このサイクルが通常よりも短いサイクルとなり、髪の毛が成長しきらない段階で抜け落ちてしまい薄毛が進行し、地肌が露出してしまいます。日本には1260万人ものAGA患者がいると推測されています。そのうち約半数は何もせず放置している状態です。

AGA治療は早めの決断が必要です。何故でしょうか。生涯の育毛サイクルには回数制限があるからです。この回数制限を過ぎてしまった場合は毛根が死んでしまい、いくら育毛効果のある薬剤や栄養を与えたところで意味がありません。若年層で育毛サイクルが終了し、毛根が死んでいることは稀なので、将来が不安な方や親戚(特に母方)で薄毛の方がいる方などは要注意だと言えます。

日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)によると、プロペシアとミノキシジル外用剤は、最も標準的な薬剤とされています。ユナイテッドクリニックでは男性型脱毛症診療ガイドラインに基づいた科学的根拠のあるAGA治療を行なっております。プロペシア、フィナステリド製剤、アボルブ、ザガーロ、ミノキシジル外用薬・内服薬など各種取り揃え、患者様の症状に合わせた最適な治療をご提案させていただきます。

各種AGA治療薬を服用していると2週間~6週間ほど経過すると、一時的に脱毛の症状が見られる場合があります。これは「初期脱毛」と呼ばれるものでAGA治療薬によって脱毛サイクルが正常に戻る際に、脱毛時期が重複することがあるためです。初期脱毛はAGA治療薬の働きが正常であることを示すものなのでご安心ください。また、この症状は全ての方にでる症状ではありません。

治療の流れ

STEP01   STEP02   STEP03
問診票に記入して頂きます
(※)
  診察   素早く院内処方

※問診票は院内でご記入頂くか、サイト内からダウンロード頂けます。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6908-8347
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト