アボルブ

アボルブ (一般名:デュタステリド dutasteride)

アボルブ

アボルブとはザガーロと同じくデュタステリドを主成分とする製剤です。アボルブはプロペシアと同様に5-α還元酵素の働きを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐことで抜毛予防と育毛を促進させます。元々、アボルブはプロペシアと同じく前立腺肥大症の治療薬として研究開発されていましたが、その研究段階でジヒドロテストステロンを抑制することでAGA(男性型脱毛症)に効果があることがわかりました。このアボルブに含まれるデュタステリドは5-α還元酵素の働きを抑制し、男性ホルモンであるテストステロンがAGAを進行させる男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化することを抑えます。アボルブの本来の適応は前立腺肥大症ですが、以前からAGA治療の分野でも多くの実績を残しています。

アボルブの作用

前立腺肥大症は前立腺が肥大化し尿道の圧迫などの悪影響を起こした状態です。前立腺肥大症の原因の1つがDHT(ジヒドロテストステロン)です。このDHTは男性のヘアサイクルを乱れさせAGA(男性型脱毛症)を引き起こすホルモンでもあります。アボルブの主成分であるデュタステリドは男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変化をさせる酵素(5-α還元酵素)を抑制することで前立腺肥大症とAGAを予防します。また、フィナステリドはⅡ型5-α還元酵素を抑制するのに対しデュタステリドはⅡ型に加えⅠ型5-α還元酵素も対象として抑制します。フィナステリドとデュタステリドを比較した際に、1.7倍の発毛効果があったことも確認されています。

アボルブは元々、前立腺肥大症の治療薬でありましたがAGAに対する有効性が認められていたため以前からAGA治療に利用されてきました。ユナイテッドクリニック各院でも多くの患者様に愛用されてきた薬剤です。またプロペシアやフィナステリドに比べ効果も高いので、より高い発毛効果を希望する方はザガーロ・アボルブに変更を検討することをお奨めします。

アボルブの効果や副作用

アボルブはザガーロと同じ主成分のデュタステリドです。そのため、効果や副作用、服用時の注意は同じとなります。食事の影響は受けませんのでお好きな時間帯に服用していただけます。しかし、お酒との相性で考えると飲酒後に服用する事は好ましくありません。デュタステリドは肝臓に負担を与える可能性があるのでアルコールとの相性は良くありません。晩酌やお付き合いでお酒を飲まれる方は「朝の服用」を習慣にするのが良いでしょう。また、アボルブの服用は1日に1回です。「昨日飲み忘れたので今日は2錠」はやめましょう。そのほか、詳しい説明はザガーロのページで確認をして頂けます。

アボルブの注意事項

アボルブの主成分であるデュタステリドは、妊婦、産婦、授乳中の女性に対し悪影響を与える危険性があります。接触することで体内に吸収され胎児、小児の生殖機能に異常をきたす恐れがあります。女性の服用は出来ないのと、薬剤の保管は十分な配慮をお願いします。また、献血や急な輸血もデュタステリドの血中濃度の関係で控えてください。献血に関してはアボルブの服用中止後、6ヵ月を空けるようにして下さい。

アボルブの服用による妊娠時の男性の精子には影響ないと考えられますが、気になる方は6ヵ月程度服用を中止するようにして下さい。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6908-8347
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト