フィナステリド

フィナステリド

フィナステリド

*当院ではプロペシアジェネリックであるフィナステリドをファイザー社やクラシエ、沢井製薬(サワイ)、東和薬品(トーワ)など複数のメーカーから採用しているため、各院で取り扱いが異なる場合もございます。ただしメーカーは違いますが、プロペシアやどのフィナステリドもAGAの治療効果は同じです。安心して服用してください。

フィナステリドは2005年から販売が開始されたAGA治療薬である『プロペシア』の後発医薬品(ジェネリック)です。先発医薬品であるプロペシアには一定期間の独占販売権が設定されていたためMSD社からのみ製造販売されていました。しかし、日本国内でも2015年よりフィナステリドが後発品として正式に販売されることとなり、同じ効能、同じ安全性でありながらより安価な薬剤を手に入れることが出来るようになりました。現在はファイザー、クラシエ、サワイ、トーワといった各製薬会社から販売されています。プロペシアジェネリックであるフィナステリドは先発医薬品であるプロペシアで充分な臨床試験がなされており、安全性が確認されてるので、開発にかかる費用を大幅に削減することが可能です。そのため、プロペシアより安価な価格で販売することができるのです。

フィナステリドの処方

ユナイテッドクリニック各院ではプロペシアのジェネリックであるフィナステリドを処方をしております。AGA治療は最低でも6カ月~1年を目途に治療を行うので、費用面から見ても同じ効能、同じ安全性でありながらより安価なフィナステリドをお奨めします。フィナステリドは製薬会社によって色・形などの差は若干はあるものの薬剤の効果に関してはプロペシアと全く同じものになるので問題は全くありません。作用機序、副作用、併用禁忌などもプロペシアと同様になるので確認をご希望の方は当サイトのプロペシアのページをご覧ください。

フィナステリドの個人輸入

フィナステリドを手に入れるためには医師の診察後に処方を受けていただく必要があります。AGA治療薬を医師の診察なしに郵送などの通信販売で購入することは薬事法違反になり処罰の対象になります。しかし、海外から個人輸入をすることで医薬品を手に入れることは違法ではありません。

ただし個人輸入には問題点があり、個人での使用に限られることや、数量の制限などの他に、輸入時の流通過程で偽造品が紛れ込むともいわれています。偽造品と言ってもただのラムネ菓子のようなお菓子にすり替えられているだけではなく、健康被害を引き起こす有害物質が含まれていることも想定しなくてはいません。フィナステリドはリスクの高い個人輸入ではなく、医師への相談が出来て信頼のできる医療機関での処方を強くお勧めします。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6908-8347
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト