コラム

コラム

2017.04.14

ミノキシジルタブレット

AGA治療薬として、専門の医療機関でのみ処方されているものに「ミノキシジルタブレット」というものがあります。これはどのようなお薬で、どのような効果があるのかについてお話していきます。

AGAとは

そもそもAGA(男性型脱毛症)とはどのような症状なのでしょうか。みなさんご存知のように、一般的に男性は加齢に伴い髪の毛が薄くなり、ボリュームがなくなってきます。それ以外にも、自己免疫疾患、ストレス、毛髪の生育環境の悪化などの原因によって脱毛が引き起こされます。「それ以外」として挙げた脱毛症には、それぞれの原因を取り除くことで症状の改善が期待できますが、では加齢に伴う脱毛を防ぐことはできないのでしょうか?

この加齢に伴う脱毛の事を「AGA(男性型脱毛症)」と位置付けることで、症状の改善を目指すことが「AGA治療」です。今までであれば、あきらめざる終えなかったこの脱毛を防ぐことがAGA治療によって可能になったのです。

DHTとは

加齢にともない脱毛が起こるメカニズムについてお話していきます。私たち男性の体にはテストステロンという男性ホルモンがあり、このホルモンの影響を受けることによって男性らしい筋肉・骨格づくりが促されたり、性欲を促したりする効果があることが分かっています。男性らしい体作りには欠かせない、重要なホルモンの1つですが、一方でこのテストステロンが「5α還元酵素」という物質によって「DHT(ジヒドロテストステロン)」というものに変換されてしまうと、このDHT(ジヒドロテストステロン)によって脱毛が引きこされてしまいます。加齢に伴う脱毛のほとんどがこのDHTによって引き起こされていることが分かっています。

DHTには「男性器の発達」に重要な働きをもっており、特に成長盛りの青年期までの期間においては大事な役割をもっています。一方で成人を迎えてからは、前立腺肥大症などの疾患のリスクになることなどもあり、一般的には「悪玉の男性ホルモン」として知られています。

AGA治療

AGA治療には、このDHTの生成を抑制することがまず第一歩であると言えます。具体的には、「5α還元酵素」の働きを抑制することで、テストステロンが「DHT(ジヒドロテストステロン)」へと変換されてしまうことを防ぐ必要があります。

現在日本において、「5α還元酵素阻害薬」、つまりはAGA(薄毛)の治療薬として認められている成分には「プロペシア(成分名:フィナステリド)」と「ザガーロ(成分名:デュタステリド)」の2種類があります。ザガーロ(デュタステリド)は2016年6月14日に販売が開始された新しい治療薬で、プロペシア(フィナステリド)よりも高い効果があることが分かっています。具体的にはどのような働きの差があるのでしょうか。

実は5α還元酵素には、Ⅰ型とⅡ型の2種類がありプロペシア(フィナステリド)にはⅠ型の働きを阻害する効果にとどまっていますが、ザガーロにはⅠ型・Ⅱ型ともに働きを阻害する効果があるためより高い効果が期待できます。臨床試験において、阻害効果の高さはプロペシア(フィナステリド)の約1.6倍にも高まるとされています。

ミノキシジルとは

ではミノキシジルとはどのような薬剤なのでしょうか。前述してきたように、DHT(ジヒドロテストステロン)によって引き起こされる脱毛は、5α還元酵素阻害薬によってその生成を抑制することが出来ます。これは、言い換えれば「脱毛を抑える」、あくまでも現状の頭髪の「状態維持」の効果にとどまります。一方でミノキシジルには毛根の成長を促し、発毛を促す効果があります。そのため、プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)などの5α還元酵素阻害薬は「守りの治療」、ミノキシジルなどの発毛を促す薬剤は「攻めの治療」として位置づけられています。

「ミノキシジル」という名前だけではあまりピンとこない方でも、「リアップ」という名前であれば聞いたことがあるのではないでしょうか。リアップは大正製薬から発売されている、れっきしたミノキシジル外用剤です。もともとは、現在のファイザー社によって買収されたアップジョンという製薬会社で「降圧剤」として開発が進んでいた薬剤で、後にAGA(薄毛)治療に効果があることが認められ、「ロゲイン」という名前で商品化されます。リアップはこのロゲインの日本版である言えます。

ミノキシジルにはタブレット(錠剤)のタイプと、リアップやロゲインのような外用剤のタイプの2つがあります。もともとは血圧を下げる「降圧剤」として処方されていたということもあり、低血圧の副作用などが出やすいということもありますが、AGA治療薬としての効果はタブレットがより高い効果を発揮します。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットはどのように毛根の成長を働きかけているのか、まだはっきりしたことは分かっていません。さまざまな降圧剤で発毛の副作用が確認できていないことからも、発毛の効果がミノキシジルに特有のものであることがわかりますが、最近ではミノキシジルの成分が髪の毛の根っこにあたる「毛包」や根っこの成長をつかさどる「毛母細胞」に直接作用することで、発毛が促されているのではと予測されています。

ミノキシジルタブレットの服用方法

ミノキシジルタブレットの服用方法は、基本的にはプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)などと同様に、1日1回1錠の服用になります。体の中で薬剤の成分を一定にするためにも、これらの治療薬はなるべく、同じ時間に毎日継続して服用することでより高い効果が期待できます。朝でしたら、なるべく毎日の服用を朝決まった時間するようにしましょう。ただ、飲み忘れてしまった場合などはなるべく早く服用してください。

ミノキシジルタブレットは現在さまざまなメーカーから販売されていますが、含有量としては2.5mg、5.0mg、10mgなどが一般的です。ユナイテッドクリニックでは2.5mgか5.0mgから服用を始め、効果の出方、副作用の出方を見ていくことをお勧めしています。「AGA治療」全般に言えることですが、治療の効果が出るまでは短くても半年~1年の長い期間が必要になります。短い期間で内服する薬剤を変えてしまうと、どの薬剤の働きでどのような効果がでているのかが分かり難くなってしまうこともありますので、内服薬の内容の変更に関しては専門の医療機関で医師とご相談のうえお決め頂くのよいでしょう。

ミノキシジルタブレットの処方を希望される場合

現在ミノキシジルタブレットを手に入れる方法としては、専門の医療機関での処方か、個人輸入で海外から取り寄せる方法しかありません。実際に個人輸入をするとなると、輸入代行業者を利用する以外に方法がないのが現実ですので、個人輸入は決してお勧めできません。日本の製薬メーカーの調査によって、輸入代行業者を利用した場合、その内容の半分以上が偽物であることが明らかになっているためです。ミノキシジルタブレットの服用を検討なさっている方は、必ず専門の医療機関で処方を受けるようにしましょう。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6908-8347
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト