プリリジー

プリリジー (一般名:ダポキセチン Dapoxetine)

プリリジーは世界初の早漏(PE:Premature Ejaculation)治療薬です。ジョンソンエンドジョンソン社の製造販売部門であるヤンセン・シラグ社から販売されており、ヨーロッパを中心にアメリカや南米、東南アジア、お隣の韓国で認可がされていて、世界で数百万人がその効果を実感しています。日本では2012年からユナイテッドクリニックを含む一部の医療機関で輸入販売が許可されています。

プリリジーの発売以前は問診などのカウンセリング療法や局部麻酔薬などによる早漏治療が主でしたが、これらの治療は効果的とは言えませんでした。しかし、プリリジーは数千人規模の臨床実験で挿入から射精までの時間が3倍~4倍程度伸びたという報告がなされており、臨床試験によりその効果が科学的に確認されている治療薬なので世界標準の早漏治療薬と言えます。

プリリジーには30mgと60mgがありますが、30mgよりも60mgの服用でより強い早漏改善効果が期待できます。

プリリジー(ダポキセチン)の効果(満足度・延長効果)

プリリジーはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分j類される薬剤です。セロトニンは精神面に大きな影響を与える物質で、興奮や不安を抑えて心のバランスを整える効果があります。セロトニンが減少すると疲れやすくなったり、過食、拒食、依存症、うつ病などを引き起こします。プリリジーの主成分であるダポキセチンは脳内伝達物質であるセロトニンが吸収(再取り込み)されてしまうのを阻害することで、脳内のセロトニン不足を防ぎ、早漏に対して効果を発揮します。

早漏には脳内で分泌されるノルアドレナリンという物質が関係しています。性的興奮が起こると脳内でノルアドレナリンが分泌されます。このノルアドレナリンが過剰分泌されると興奮のコントロールが出来ず射精までの時間が短くなってしまいます。セロトニンは緊張や興奮で暴走状態の脳を落ち着かせる効果があるため、脳内のセロトニン濃度を高めることで射精のコントロールが容易となるのです。アメリカでの臨床試験でも挿入後から射精までの時間の延長が確認されているほか、パートナー満足度も2倍に上がったという報告があります。

プリリジー(ダポキセチン)の飲み方

プリリジーは服用後約1時間で効果が現れます。その後5~6時間効果が持続します。主成分であるダポキセチンの血中濃度が最高値になるのが服用後「90分」のため、性行為の90分前に服用することが理想的です。プリリジーは食事の影響は受けませんが、ED(勃起不全)治療薬との併用も可能なのでプリリジーを服用の際にED治療薬を併用される場合は空腹時の服用が必要になります。プリリジーは1日2回の服用が可能で、極量は90mgとされていますが、通常は60mgまでの服用で十分な効果が得られます。また、プリリジーは服用経験が増えるたびに、延長時間が安定してくる薬剤です。早漏症の改善を目指す場合は最低でも5~6回の服用をお勧めします。

プリリジー(ダポキセチン)とED(勃起不全)治療薬

ED治療薬にはバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)などがありますが、何れもプリリジーとの併用は可能です。なかでも、レビトラ(バルデナフィル)は勃起力が高く硬さが1番出ます。硬さがしっかり出ることで刺激に強くなるため、レビトラは射精時間の延長効果があるとのデータもあります。個人差はありますがプリリジーとレビトラを併用することでより一層、早漏改善の相乗効果が期待できます。

プリリジー(ダポキセチン)の副作用

プリリジーの副作用で重篤な症例報告はありません。比較的安心して服用していただける薬剤です。主な副作用は「頭痛」・「めまい」・「下痢」・「嘔吐」・「睡眠障害」・「倦怠感」・「かすみ目」・「のどの痛み」・「口渇」・じんましん」などが挙げられます。何れも症状は軽微でプリリジーの主成分であるダポキセチンは服用後24時間で体外に排出されるので、依存症や重篤な副作用の心配はほとんどありません。しかし、立ちくらみや眩暈の既往症(たびたび繰り返す)方は服用の際は注意が必要です。プリリジーには「起立性低血圧」を誘発する可能性があります。起立性低血圧は横になっていたり、座っていた状態から急に立ち上がった際に、眩暈や立ちくらみ、失神してしまうことです。行為の最中に眩暈の経験がある方は十分に気をつけてください。

以下の方はプリリジー(ダポキセチン)を服用が出来ません

  • 20歳未満、65歳以上の男性
  • 心不全や不整脈、冠動脈硬化疾患など心疾患の方、性行為が不適当と診断された方
  • 出血性疾患や凝固異常の既往歴の方
  • 中度~高度の肝障害の方
  • 腎障害の方
  • てんかんの方
  • 緑内障の方
  • うつ病、双極性障害、統合失調症など精神疾患の方
  • 抗HIV薬や抗真菌薬を服用している方

上記以外に既往歴がある場合も医師の診察の際に申告をお願いします。ユナイテッドクリニック各院は早漏治療の専門外来を開院当初から設置しており、プリリジーの処方は日本屈指の実績を誇っております。ご不明な点やご不安な点がありましたら一声お掛けください。

正しい早漏治療が出来ないクリニックにご注意を

一部の医療機関で早漏治療薬としてプリリジーではなく、適応外の薬剤の「ユリーフ(シロドシン)」、「トラマール(トラマドール)」を処方することがあるようです。

プリリジーの販売以前はパキシル(パロキセチン)が適応外使用ではありましたが、早漏治療に効果があるとして処方がされていました。しかしながら、ユリーフの適応症は前立腺肥大による排尿障害の治療薬、トラマドールは癌などを原因とする治療困難な疾患における鎮痛剤です。

ユリーフの副作用には逆行性射精がありほぼ確実に発生します。射精時に精子が膣内(外部)に出ずに膀胱内に精子が流れてしまう現象なので、射精時の快感は全くありません。トラマールは本来は癌などの治療が困難な痛みに対して処方される薬剤です。モルヒネほど強くはないですが依存性があり、プリリジーに比べ吐き気などの副作用も強く出ます。また、早漏治療の効果は低く早漏症に関する臨床実験も行われていません。中国の医師による効果実験でも症例数が極端に少ないのですが、トラブルが多く効果は低いという結果になりました。早漏治療目的で適応外の薬剤の「ユリーフ(シロドシン)」、「トラマール(トラマドール)」を服用することは副作用などの観点からも非常に危険です。

プリリジーは一部の医療機関でのみ輸入販売が許可されている薬剤です。正しい治療を行っていない危険なクリニックにご注意ください。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6908-8347
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト