コラム

コラム

2017.03.16

プロペシアと耐性

プロペシア(フィナステリド)はAGA(薄毛)治療薬で世界で初めて「飲むAGA治療薬」として認可された薬剤です。アメリカでは1997年、日本では2005年に承認されていますから、国内でも10年以上経過しています。このプロペシアに対し、耐性ができた・効かなくなった・耐性を気にして2日に1回服用しているなどの口コミをちらほら見かけます。また、プロペシアとジェネリックのフィナステリドで効果が違うのではないかとお思いの方もいるようです。今回はそのような耐性やジェネリックとの違い、効果的な飲み方についてお話ししていきます。

プロペシア(フィナステリド)とは

プロペシアは世界的な製薬企業であるメルク・アンド・カンパニーが開発したAGA治療薬で、1997年に販売開始されました。成分のフィナステリドは元々前立腺肥大に対して使われていて、そちらはプロスカーという名前で1992年に承認され出回っていました。プロスカーの際はフィナステリド5mg用量で使われており、1mgという低用量での服用でAGAに効果的なことが判明し、AGA治療薬として承認されました。日本でのフィナステリドはAGA治療薬として2005年に承認され、現在まで至っています(つまり、前立腺肥大に対しての承認はされていません)。

プロペシア(フィナステリド)の効果とAGA(薄毛)の原因

プロペシア(フィナステリド)は5α還元酵素阻害剤に分類されています。これがAGA治療に効果的な理由はAGAの原因に関わります。

AGAの原因は様々で、必要な栄養素を食生活等で十分に取れていない、遺伝、頭皮の環境、タバコや飲酒などの生活習慣、ストレスなど数多くあります。その中の一つに男性ホルモンがあります。この男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DHT)といい、これがAGAの原因になっています。DHTの作用の一つに、ヘアサイクル(髪の毛の循環)を短縮作用があります。通常、髪の毛は2~6年ほどの期間をかけて成長し抜けていきますがDHTの作用により1年未満にまで短縮され、強く太く髪の毛が育つ前に弱く細い状態で抜け落ちてしまいます。AGAは進行していくため、対策を取らないと次々に生え際が後退し頭頂部が薄くなっていくのです。

このDHTはテストステロンという男性にとって必要不可欠な男性ホルモンが、5α還元酵素の作用により変換されて出来てしまいます。テストステロンそのものは筋肉や骨格の発達、やる気や冒険心・行動力の基になるまさに男性のためのホルモンです。それが5α還元酵素により抜け毛・薄毛の原因となるDHTにされてしまうのです。フィナステリドという成分は5α還元酵素の働きを抑制し、結果としてDHTを作らせないように働きます。これがフィナステリドの効果です。

プロペシア(フィナステリド)の副作用

臨床試験において認められた主な副作用はリビドー減退、勃起不全です。割合はわずかで、対象276例のうち11例で見られ、リビドー減退は3例の1.1%、勃起不全は2例の0.7%と安全性も高い薬剤です。使用成績調査においても少なく、943例のうちわずか5例でリビドー減退が2例の0.2%、肝機能障害も同じく2例で0.2%となっています(ただし肝機能に障害を元々もっている方は慎重投与とされています)。

また、フィナステリド製剤はアレルギー・過敏症の既往歴がある方と、妊婦・または妊娠している可能性のある方には投与禁忌となっています。女性と同居している方は薬剤の取り扱いそのものに注意してください。

プロペシア(フィナステリド)と耐性

薬剤の耐性とは、何らかの作用をもった薬剤に対し抵抗性が現れ、薬剤の効果が出にくくなる・または出なくなることをいいます。端的に言えば薬が効きにくくなってしまうことです。フィナステリド製剤のことをネットで調べると耐性という言葉がヒットすることがあります。

まず、プロペシア(フィナステリド)を販売しているMSDは耐性があるという公式発表はしておりません。通算96週の試験をしており、その期間有効性は継続することが確認されています。もちろん発表がないから耐性は出来ないということにはなりませんが、耐性ができたと思ってしまうことに対し考えられる原因は様々です。

例えば、壊されていたヘアサイクルが長期間のフィナステリド製剤の服用で通常な状態になった場合。抜け毛がひどい状態から日に日に抜け毛が減っていき、最終的に気にならない程度にまでなった場合、その気にならない程度が一定の状態で続くと、今まで抜け毛が目に見えて減っていたのに変わらなくなったと勘違いしてしまうことがあります。ヘアサイクルは当然抜けるタイミングがありますから、AGAでない方も髪の毛は1日に100本程度は抜けているのです。逆に、服用をやめてしまえばまたヘアサイクルが悪い状態に戻ってしまい、抜け毛を増えることになってしまいます。

他には加齢や生活習慣、ストレスの影響で頭皮環境の悪化や栄養が十分に届かなくなり、AGAがより進行してしまった場合です。フィナステリド製剤を飲んでいればAGAはもう何も心配ない!ということはなく、日ごろの生活習慣も関わるためその影響を受け効き目がなかなか表れないこともあります。

また、AGAの原因となる男性ホルモンを作る5α還元酵素は2種類存在しており、フィナステリド製剤はⅡ型の5α還元酵素の働きを抑える薬剤です。もしもAGAの原因にⅠ型の5α還元酵素も関係している方はそちらの働きを抑制しないといけませんから、フィナステリドだけでは効果が出にくいということになります。Ⅱ型の5α還元酵素は毛乳頭に存在するためAGAの方は主にこちらが原因のことが多いですが、身体の皮膚腺に存在するⅠ型も原因となることがあります。Ⅰ型・Ⅱ型双方が関係している場合、フィナステリド製剤でⅡ型を抑えることで一定まで抜け毛を防ぐことはできますが、Ⅰ型の働きは止められないのである程度のDHTは作られてしまうことになります。Ⅰ型の5α還元酵素の働きも抑制するにはデュタステリドというフィナステリドよりも効果の高い薬剤を選択しましょう。

なお、効き目が弱くなったと思ってもフィナステリド製剤を増量することはしないでください。逆に止めることもまたヘアサイクルが元に戻るため抜け毛が増えてしまいます。必ず用法・用量を守り正しく服用してください。

フィナステリドの効果はAGA治療において必須の成分であるということは日本国内でも認められています。日本皮膚科学会によりAGA治療ガイドラインというAGAの治療法が制定されており、その中でフィナステリドはAランクに記載があります。Aランクは最高ランクであり、強く行うよう勧められるという位置づけになります。つまり、AGA治療においてフィナステリドは標準的な治療法の一つということです。Aランクにはほかに、発毛効果が唯一認められている成分のミノキシジルも制定されており、AGA治療はフィナステリドとミノキシジルの併用がスタンダードということになります。フィナステリドとミノキシジルでAGA治療を行っていきましょう。

薄毛治療(AGA)ならユナイテッドクリニックへ(池袋・新宿・渋谷・新橋・上野・横浜・大宮)

ユナイテッドクリニック東京の各院では薄毛治療・AGA治療のご相談・処方をいたしております。薄毛治療・AGA治療薬のプロペシア、プロペシアジェネリック(フィナステリド「ファイザー」「クラシエ」「サワイ」「トーワ」)、ザガーロ・アボルブ処方(デュタステリド)、ミノキシジル処方(ミノキシジルタブレット処方、ロゲイン処方、ミノキシジルローション処方)をいたしております。また強力な発毛・育毛効果のカクテル療法「AGAメディカルドクターズセレクト」の処方もしており、様々な薄毛治療(AGA治療)を行う事が可能です。

ユナイテッドクリニック東京(池袋・新宿・渋谷・新橋・上野・横浜・大宮)は東京・埼玉・神奈川で最安値を目指しております。思い悩む前にお気軽にご来院ください。薄毛治療(AGA治療)はユナイテッドクリニック東京にご相談ください。

アクセス良好(池袋・新宿・渋谷・新橋・上野・横浜・大宮)

新宿ユナイテッドクリニックは下記の駅から徒歩3分、西武新宿線、各地下鉄からはとほ0分で受信でき、非常にアクセス良好です。

JR新宿駅「西口」を出て右、青梅街道の方面に直進してください。そのまま青梅街道を横断、大ガードの下を通過していただき直進していただきますと右手側に1階にトラ五郎のある「守矢ビル」がありますのでそのビルの8階になります。

新宿駅乗り入れ各路線

JR東日本 山手線・中央線・総武線・湘南新宿ライン・埼京線・成田エクスプレス 徒歩2分
京王線 京王線・京王新線 徒歩2分
小田急電鉄 小田原線 徒歩2分
西部電鉄 新宿線 徒歩2分
地下鉄各線 丸の内線・副都心線・新宿線・大江戸線 徒歩0分

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

東京でも有数の中心街である新宿は東京だけでなく各方面からのアクセスも良好です。原宿・新宿からもすぐ受診できます。

高田馬場・新大久保・代々木・原宿・御茶ノ水・水道橋・飯田橋・市ヶ谷・四ッ谷・信濃町・千駄ヶ谷・大久保・中野・高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪・吉祥寺・三鷹・国分寺・立川・八王子・聖蹟桜ヶ丘・府中・橋本・多摩センター・調布・千歳鳥山・明大前・笹塚・小田原・厚木・町田・登戸・下北沢・代々木上原・東村山・小平・中井・岩本町・神保町・九段下・曙橋・中野坂上・赤坂見附・霞が関・和光・明治神宮前・麻布十番・六本木・青山

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院いただけるようプライバシーに最大限の配慮をしています。

池袋院・新宿院・渋谷院・新橋院・上野院・横浜院・大宮院へお越しください。

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分 TEL:03-6907-1942
新宿院 JR新宿駅西口徒歩2分、都営大江戸線新宿西口駅D5出口徒歩0分、西武新宿線西武新宿駅徒歩2分(1階にトラ五郎が入った守矢ビル8階)
渋谷院 JR渋谷駅ハチ公改札口徒歩2分 地下3a出口徒歩0分(SHIBUYA109を正面から見て右側に隣接する玉久ビル4階) TEL:03-0427-0522
新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階) TEL:03-62646480
上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルヂング8階) TEL:03-6231-6472
横浜院 JR横浜駅北西口、西口徒歩3分(1階に床屋「スカット」が入った第7浅川ビル4階) TEL:045-594-9983
大宮院 JR大宮駅西口徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階) TEL:048-871-8239

また新橋院には飛行機で東京へお越しの方、上野院、大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川など東京はもちろん、埼玉(さいたま、大宮、川口、浦和)、千葉(船橋、柏、松戸)、神奈川(横浜、関内、川崎)などから多く来院されます。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6908-8347
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト