その他薬剤

その他薬剤

レビトラのジェネリック

レビトラはバイアグラの改良版という触れ込みで登場した第二のED治療薬
レビトラ

レビトラ(Levitra)とは世界初のED(勃起不全)治療薬であるバイアグラの改良版として販売開始されたED治療薬で、ドイツのバイエル(BAYER)社から・研究開発・製造・販売されています。有効成分はバルデナフィル(Vardenafil)で、バイアグラ有効成分であるシルデナフィルよりも水に溶けやすいため、効果発現までの時間が短く、長時間持続するとされています。用量は5mg、10mg、20mgの3つの容量があります。レビトラの20mgはバイアグラ100mgと並び、勃起時の陰茎の硬度が高いとされているため糖尿病などの影響で症状が重いEDの方に効果的です。

レビトラの効果と服用方法

レビトラはPDE5(ホスホジエステラーゼ5型)阻害剤に分類されています。勃起に必要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)という成分を破壊するPDE5の働きを阻害する事で正常な勃起を促します。

服用してからおよそ30分~1時間ほどで効果が現れるので、性行為の1時間前くらいに服用するとよいでしょう。服用時の注意点としては、空腹の状態で服用しなければいけない点です。胃の中に物が入っていると有効成分であるバルデナフィルの吸収が阻害されてしまい、レビトラの効果が充分に発揮することができない可能性もありますのでご注意下さい。効果発現後、6時間~8時間ほど効果が持続します。

レビトラの日本製ジェネリック医薬品の動向はどうなるか

特許満了後、必ず販売開始されると予想される

レビトラは特許期間が継続しているため、現在国内製のレビトラのジェネリックは存在していません。しかし、いずれ特許が切れるにあたり国内製レビトラのジェネリックの販売開始が想定されています。販売するメーカー、錠剤のタイプなど現在では明らかになっていませんが、既にバイアグラのジェネリックが東和薬品、テバ、大興製薬、キッセイなどの多くの製薬会社から販売されているように、レビトラのジェネリックも複数の製薬会社から販売されるのではないかと予想できます。そうなる事で価格競争が起き、より安価でレビトラのジェネリックの購入が可能になるでしょう。また用量に関してはレビトラには3つの容量がありますが、最も低用量の5mg錠はあまり需要も高くないため、製薬会社によっては10mgと20mgの2つの容量のみの販売になる事も考えられます。

先発医薬品とジェネリック医薬品の差

添加物などに差はあれど、根っこの部分では同じもの

ジェネリック医薬品について「効果が薄い」「効かない」といった話を耳にすることがあります。しかし、ジェネリック医薬品とは「溶出試験」「安定性試験」「生物学的同等性試験」など、数多くの試験をクリアし、効果、効果が出るまでの時間や持続時間、安全性、副作用などの様々な面が先発薬と同等であると認められたもののみジェネリック医薬品と名乗る事が許されます。確かに錠剤の形状や色調は定められていないのでメーカーによっては添加物などに違いはありますが、根幹の部分では先発医薬品とジェネリック医薬品は同じものといえます。

何故ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも安価で販売可能なのか

効果が同一なのになぜジェネリック医薬品は先発医薬品よりも安価で販売されているのか気になる方もいると思います。先発医薬品は別名「新薬」と呼ばれ、一から研究・開発しなければならない為莫大な費用が掛かります。そのため費用回収の為に先発医薬品には特許権が与えられ、特許期間内は独占して販売できるのです。ジェネリック医薬品はその特許期間が終了したのちに製造販売が可能になります。先発医薬品という見本があるため研究開発や広告費が抑えられるため先発医薬品よりも安価で販売ができるのです。

海外製レビトラのジェネリック

海外では既にレビトラのジェネリックが存在する

海外では特許に関する違いから、既にレビトラのジェネリック医薬品がジェビトラ、レビスマ、バリフなどのネーミングで販売されています。いずれも購入するには取り扱いのある専門の医療機関で処方してもらうか、インターネット通販を利用した個人輸入での購入といった方法になりますがインターネット通販で購入する際は注意が必要です。

海外製ジェネリック医薬品購入時の注意点

インターネット通販での購入における危険性

上の項でご紹介したインターネット通販での購入ですが、安価で簡単に購入できてしまうため非常に魅力的に感じますが、実は多くの危険もあります。過去に行われたインターネット通販で流通しているED治療薬の調査ではおよそ6割もの薬が偽物であったという結果になったという報告もあります。そういった偽薬は成分が含まれていないだけにとどまらず、身体に害を及ぼす成分が含まれてしまっている可能性も十分考えられます。それ以外にも悪質な業者の場合、クレジットカードの情報が漏洩したり、商品は届かずに決済だけ行われてしまう等の被害もあったとされています。インターネット通販で購入して、そのような被害にあってしまったとしても全て自己責任となってしまうのでご注意下さい。また、ED治療薬は安全なお薬ですが、併用禁忌薬の存在や、持病によっては服用が認められないケースもあり、自己判断で購入し、服用するのは推奨できません。

クリニックや病院などの医療機関では医師が管轄の厚生局(厚生労働省の出先機関)から薬監証明を取得する事によって海外製の正規医薬品も処方する事が認められています。購入を検討する際には安全を確かなものにするため、取り扱いのある専門の医療機関にて処方を受けるようにしましょう。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6908-8347
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト